MENU

最近、飲む日焼け止めが話題になっています。それは「ニュートロックスサン」と言い、地中海産のシトラス果実とローズマリーから抽出し、特定の配分で混合した天然のポリフェノールです。天然のポリフェノールは紫外線から肌を守ることで今、注目されています。
ニュートロックスサンには「シトラス果実」と「ローズマリー葉」から排出された「複数のポリフェノール」が含まれており、その植物由来の複数のポリフェノールのことを「ニュートロックサン」と呼び、日焼け止めサプリの主成分が多く含まれています。
それは、紫外線が多いスペインで紫外線対策としてミギュエル大学細胞生化学のニコル博士とモンテローザ社が10年以上かけて開発した成分です。

 

特殊な効果を生む理由は、”スペイン産の原料でなければ成分を抽出できない”ところにあります。
植物は同じ科の同じ名前のものでも、生育する土地の気候・風土によってその耐性や生命力が変わります。
一度その土地に生えたら移動することができない植物は、自らその気候に合わせて進化していきます。
スペインは日本の人が思うイメージよりもはるかに日差しが強く、動植物は紫外線を浴びっぱなしの状態。
厳しい太陽光に対応して生き残ってきた植物が紫外線に並外れた耐性を持っていることは言うまでもありません。
これだけの原材料を使って大学博士とメーカーが10年以上かけて開発した「ニュートロックスサン」。
美容の一時的なトレンドを作る目的でないことは明らかと言っていいでしょう。

 

 

ニュートロックスサンの基本効果

 

1,体がサビる「活性酸素」を制御し酸化予防
「活性酸素」は体に必要なものですが、増えすぎると細胞にダメージを加える問題があります。
ニュートロックスサンは増えすぎた「活性酸素」の取り除くなど、適切な量にコントロールする効果を持っています。

 

2,「抗炎症作用」で紫外線による光老化を予防
日焼けとは、紫外線によって皮膚が炎症を起こした状態のこと。
ニュートロックスサンには抗炎症作用があり、皮膚細胞の炎症を抑えてくれます。
また、肌老化のもっとも大きな原因と言われる「光老化」を予防することでアンチエイジングにもつながります。

 

3,紫外線を浴びてからのアフターケアが可能
ニュートロックスさん配合のサプリメントを飲み忘れてしまったり、日焼け止めをまったく塗ってなかった!なんて時に、そのあとから飲んでもほぼ変わらない効果が得られることは嬉しい限り。
紫外線による皮膚や細胞のトラブルを体の内側の作用でブロックするため、とれやすい”塗る日焼け止め”とは決定的に違います。

 

 

産地限定の”シトラスの果実・ローズマリーの葉”を特殊配合バランスで作り上げた成分が「ニュートロックスサン」です。
自然の状態でこの成分を含有している食品はありません。
「ニュートロックスサン」が配合されたサプリメントで摂取することになります。
この際に気をつけたいのは”成分の配合量”です。
「ニュートロックスサン」が入っていてもごく少量であった場合は、期待できる効果を下まわる可能性がぬぐえません。
1日換算にしてもたっぷり「ニュートロックスサン」が摂取できるサプリメントを選びましょう。

 

安全性については、色々なサプリメーカーにも問い合わせて見ましたが、今のところニュートロックスサンを服用した事による副作用の報告はまだないそうです。
ニュートロックスサンはグレープフルーツ等のシトラス果実とローズマリーから作られています。
先ほどのフェーンブロックもシダ植物から作られた天然成分でしたが、ニュートロックスサンの場合、植物というだけでなく、シトラスもローズマリーも食品としてもメジャーですよね。
飲む日焼け止め成分「ニュートロックスサン」としての歴史は浅いですが、逆に食品としての実績は多く、これまでも多くの人が口にしてきているはずです。
その中で、ニュートロックスサンによる副作用の報告が少ない、ということは、やはりニュートロックスサンの安全性が高いという証拠です。